行政書士による公正証書遺言作成

公正証書で作成する利点

公正証書は公証人の作成する公文書ですから、高い証明力があります。
そのため、公正証書以外の遺言では家庭裁判所で検認の手続を経なければ、各種手続ができないのに対し、公正証書では検認は不要です。

また、法的におかしな表現やどちらとも取れる表現などは廃除できます。
公証人は、遺言者の意思を確認した上で公正証書を作成するため、「遺言時にはすでにボケていたので遺言は無効だ」などの主張が通りにくくなります。

原本が保存される

公正証書は公証人役場に「原本」が保存されます。
「遺言があるはずなのに見つからない」といった場合や、過って遺言を破棄してしまった場合にも、再発行が可能です。